天涯孤独当事者が集まるサークル型コミュニティ交流会を東京/大阪/札幌/仙台/名古屋/福岡で開催中!

関東(東京)、関西(大阪)、北海道(札幌)、東北(仙台)、中部(名古屋)、九州(福岡)で天涯孤独(身寄りがない、実家がない、施設出身など)当事者が集まるコミュニティ型の交流会をサークル形式で開催しています!20代、30代、40代、50代、60代の方にお集まり頂いております!
当事者同士による情報交換、意見共有、雑談交流から同性異性問わず友達募集、恋活、婚活まで素敵な出会いを楽しみましょう!

HOMEブログページ ≫ 開催レポ ≫

ブログページ

【大阪会場】コミュニティ交流会Vol.3を開催しました!

IMG_9310
4月6日(土)に大阪の心斎橋駅近くにある会場にて天蓋孤独(予備軍含む)な境遇の方が集う当事者交流会を開催しました!

つい先日(31日)に行われた東京での交流会に続き、当会では3回目となる当事者同士による交流会を大阪で開催してきました。

割と早い段階から募集告知はしましたが最終的に集まって頂いたのは主催者を含む2名での開催なり、札幌と東京では事前告知の時点で満員でしたが他の地域だと交流会の多数参加による開催はまだまだ難しいのではと感じた1日でもありました。

とは言え、参加いただいた方には会場まで来て頂いて大変嬉しい限りで、当会の運営に至るまでのことから当事者としての将来観についての意見共有等をさせて頂きました。

お話をさせて頂いた中で印象的だったのが30代40代の当事者と50代60代の当事者とでは将来への悩み(不安)の質が異なってくる傾向があるのだろうなということです。

天狐当事者としては比較的若い年代にあたる30代40代では生活に関する割と身近な悩みや不安(転職や引っ越しにあたる緊急連絡先や保証人問題)を抱えやすいという問題に対して、50代60代の当事者では自分の将来に対しての死後処理等に関する悩みや不安も現実的に考えるようになってくるという問題が出てくるという話です。

そして具体的な対処法等に関する意見共有もさせて頂きましたが、やはり緊急連絡先/保証人問題に関しては民間の保証会社を頼るのも一つの手(しかし相当に高額…)だけれど現実的には手段の確立が難しいということと、死後処理等に関する対処法は一部のNPO法人が承っていることを確認しているが本当にキチンとしてくれるのか?という不安もあること。。。

これら当事者にとっては頭が痛くなるであろう問題を同じ当事者同士によって対処対策は出来ないだろうか?という話もしました。

他にも「当事者同士によるシェアハウス構想に関する話、各地に司会者を置いて当事者交流会の定期開催が出来たら良いねという話、また余談ですが何故関西では満員にならなかったのかという話」などなど、、、

これらを話していく中であっという間に真面目な話だけれど楽しい話として90分が過ぎてしまいました^^

今回は私(主催者)を含む2名での開催となりましたが、そんな中でも主催者がどのような人か気になって実際にお話をしてみたいと言って頂き大変ありがたい限りです。

例えば東京等で交流会がもっと盛り上がって参加人数が増えてきたら30代40代と50代60代などのように年代を分けての開催も良いかもしれないと考えさせられた交流会でした。

そのために天狐界隈が盛り上げられるように主催努力をしたいですし参加者が集まって向き合っていけるような交流会を作っていきたい気持ちが一層強くなった交流会でもありました。

この1週間での東京&大阪交流会を終えて、改めて天狐界隈を盛り上げたいと一層強い気持ちになってきた次第です!そのために今後何が必要かを一生懸命考えてアウトプット(行動)あるのみです。





ここからまた私(主催者)のチラ裏を、、、

今回の大阪交流会ですが出来れば私を含め5人位は集まって欲しかったというのも正直な人情ですが、実際に交流会を終えてみると大阪で開催をしたことに後悔はありませんしあるはずがありません。

実際に関西方面にお住いの当事者の方から問い合わせ自体は頂いておりましたし、結果的に今回は最少人数での開催となったことと、もしかしたら5~6人での開催となっていたかもしれない世界線とでは、そこまでの決定的な差は無かったとも感じています。

早めの告知等をして現時点での主催者として出来ることはやりましたので力を尽くせたという点でも自分に納得しています。

当会はまだまだ歴史(開催実績)が浅く、天涯孤独当事者界隈自体のスポットが当たる居場所等も確立されていなく当事者同士による横の繋がり自体が実現出来る環境がリアル社会の中に実質的には殆どないのが現状だと思います。

当会にとってそのリアルな状況を0から1に、1から2にしていこうという初期の段階ですので最初の1年は一番大変な時期だとも思っています。

そんな大変なことを主催者は何故やるのか?とHPを見て疑問に思われる当事者も多数かと思いますが、そもそもが私(主催者)自身も当事者であり同じ当事者同士で実際に話をして共有し、私自身も学びや気付きを得ることで前に進んでいきたいという気持ちから当会を発足させました。

そしてそんな目的(交流会の開催)でも無ければ東京や大阪に行く機会も全く無いので、半分くらいは人生の思い出作りも兼ねて交流会を開催しているのも事実です^^

ゆくゆくは理想を言えば各地で私ではない司会役をしてくれる有志が現れたら理想的ですが、それはまだまだ先の話で実現には数年くらいのスパンがかかると思っています^^;

私自身は現在まだ30代ですが体も元気ですし行動力にも多少の自信がありますので「札幌、東京、大阪」で今回は交流会を開催出来ましたし、きちんと経済活動(仕事)を頑張っているので飛行機に乗ることも出来ました。

しかしそんな現実が何時まで続くかは自分にも全くわかりません。5年後10年後の先に今と同じように自分が元気にかつ経済的にも飛行機に乗れるかどうか将来の保証は私だけでなく他の誰にもありません。

ですので今出来る時にこの活動をやっておこう!という気持ちで当会を作って活動を始めたばかりです。

そしてこの活動を地道に続け、定期開催を積み重ねていくことで天狐界隈に交流会の存在と活動の意義(共有、意見交換、情報交換、アイデアなど)が知れ渡り、天狐界隈が盛り上がっていくことを信じています。

東京、大阪と続いての交流会で少し疲れていますが今後に向けてモチベーションは爆上がりしていますので、それを活かして今後も頑張りたい次第です!
2024年04月07日 21:35

【東京会場】コミュニティ交流会Vol.2を開催しました!

IMG_9263
3月31日(日)に東京は上野駅近くの会場にて天涯孤独(予備軍含む)な境遇の方が集う当事者交流会を開催しました!

当会としては2回目の当事者同士が集うリアル交流会でもあり、東京方面では初めてとなる交流会の開催となりました!

東京会場での募集告知をしてから割と早い段階で多数の参加予約を頂きまして潜在需要の高さを感じていましたが、実際に交流会を終えてみると改めて当事者(予備軍含む)でリアルに集まってみることにも一つの意義があるのだなと私自身も身を持って体感するものがありました。

私(主催者)自身も当事者でありながら現在は北海道在住の身ですが、今まで北海道でやってきた経験(札幌会場での主催&姉妹サイトの主催)を活かして東京でも当事者交流会を開催出来たことが単純に嬉しいですし、今回の経験を通して「能動的な達成感+自己肯定感=自信」の向上にも繋がっていますし、主催者であると同時に一人の人間としても純粋に良い思い出になりました。参加された皆様のおかげもあり本当に楽しかったです!

北海道で今まで自分がやってきたことが海を越えても開催が出来て伝えることも出来たので、今回の経験は絶対に忘れませんし忘れるわけがない大変貴重な経験を得ることが出来たと身を持って実感します。

そして更に今後に向けても東京方面で当事者交流会の定期開催を続けていくことで当事者界隈の盛り上がりにも繋がっていくと思いますので、改めて自分が出来ること(交流会の定期開催)を怠らず続けていこうと思わせてくれた1日でもありました。





さて、そんな東京会場での当事者交流会でしたが昨日は私(主催者)を含む6名の当事者(予備軍含む)と、某メディア関係者様も話を聞きたいとのことで参加者様の承諾を得た上でゲストとして参加頂き、1名の参加予定者様が参加出来なくなってしまいましたので合計で7名での交流会の開催となりました。

男女それぞれ私を含む30代-50代の方に参加を頂き、東京在住の方のみならず茨城や埼玉から会場に来てくれた参加者様も居られました!

まずは主催者である私から皆様に挨拶と説明をさせて頂き、自己紹介をしていく中で話題を広げていくという流れで皆様と存分に「天狐あるある」を語り合い、意見や情報を共有していくという流れの中で大人らしい落ち着いた交流と楽しい盛り上がりが両立出来たと思います!

会の中で出てきたキーワードを少し具体的に書いてみますと「就職、転職、入院等をする際の緊急連絡先&保証人問題」「実際に入院をした実例に基づく生きた経験談」「保証人がいないと入院先で雑に扱われる可能性があることへの不安」「天狐男性の生きづらさと天狐女性の生きづらさ」「同じ当事者でも感じ方や考え方は色々あるんだなという話」「天狐の結婚観について」「年末年始、お盆、大型連休について」「同じ天狐でも色々な人が居るという話」などなど…

本当にあっという間の90分間だったと思います^^

私を含め参加された皆様は様々な境遇や事情等で天狐というステータスがあるかもしれませんが、生きてる上での楽しさと苦労を使い分けながらも進んでいこうという理想(当交流会の目標)通りの前向きな交流会だったとも思います^^

今回参加頂いた皆様とまたお会いできるのを楽しみにしていますし、今後も東京で定期開催を地道ながら続けていきますので関東方面の当事者の方に是非ご参加頂きたいと思います!

そして当事者界隈を一緒に盛り上げていきましょう!





さて、ここからもう少しだけ私(主催者)のチラ裏を、、

今回の東京開催は1月の札幌開催に続いて当会では2回目となるリアルな当事者交流会を開催することが出来ました。

当事者交流会としてはまだ2回目と実績は乏しいのが現状ですが、内容的には大成功でしたので今後に向けての手応えも掴んできています。

1月の札幌開催も今回の東京開催もほぼ満員だったという現実は当事者界隈からも凄く興味を持って頂いているのかなと嬉しいですし、その潜在需要はまだまだ高いのではないかと想像しています。

交流会の中でもチラッと出てきた話題でもありますが、将来的な理想としては交流会の開催に加えて会として「具体的な何か」を天狐界隈に向けて出来るようになってくると良いよねっていう話もありました。

現実的には出来ることと出来ないこともありますが、まずは現時点で自分が出来ること(リアル交流会の企画運営、オンライン交流会の企画運営)を地道に続けていく中で前向きに進展していく未来を主催者として切に願っています。

天孤というある種のステータスを持ちつつも、人生や生活の楽しさと苦労を使い分けて人として一生懸命に生きていくことが大事なのではと自分は思います。

今後の交流会も真面目に話をしつつも皆様と一緒に楽しめればと思っています^^
2024年04月01日 20:09

【札幌会場】コミュニティ交流会Vol.1を開催しました!

IMG_9036
本日、天涯孤独(予備軍含む)な境遇の方が集う当事者交流会を札幌会場にて開催しました!

8名まで入室できる札幌会場でしたが、1名の方が諸事情で来れなくなったため参加人数は主催者を含む7名での開催となり、参加者の中には札幌市内だけでなく旭川方面から来てくれた方も居りました。

私を含め30-40代の参加者が多数でしたが50-60代の方も参加くださり、各年代層からのリアルな経験談もあれば年代問わずに共通した「天狐あるある」も存分に語れたと思います。

そんな本日の当事者交流会ですが、最初に自己紹介(過去から今に至る境遇、現在の状況、今あるお気持ちや考えなど)をして頂き、そこから天狐な話題ネタを皆様で話し合っていくという流れで交流をしました。

主に話したことは「年末年始、お盆はどう過ごしているか?」「お盆や年末年始など実家に帰るの?と聞かれた際の対応」「保証人/緊急連絡先問題」「現在の社会生活をどうやって得たのか」「天狐男性の幸せ必勝法と天狐女性の幸せ必勝法は異なるという話」

たくさんの「あるある」な共感もあれば、新しい視点と角度からの発見と認識もあったのではと思います。

そして交流会終了後に簡易アンケートを参加者様に書いて頂きました。ご協力ありがとうございます。

【参加者からの感想】
・「同じ札幌市内で同じ悩みを抱えた方同士で交流が出来、気持ちを分かり合えたのがよかった」
・「今まで誰にも当事者であることを打ち明けたことが無かったので話が出来てよかった」
・「他の同じ当事者の方からも意見を聞けて少し心が軽くなった」
・「緊張して来たが、色々な話を聞けて参加してよかった。また次回も参加したいです。」
・「色々な話が聞けてとても有意義でした。」

という参加者様からのリアルな声を感想にして頂きました。

また、次回の札幌会場での当事者交流会終了後には会場近くにある居酒屋での二次会も検討をしたいと思います。これもアンケートで居酒屋希望が一番多かったです^^

時期的には3~4月の雪が解ける頃に札幌会場で次回の開催を目指す方向性で準備調整をしたいと思います!
(アンケートでは1か月に1回の頻度で開催してほしいが1番多かったですが^^;)

本日参加頂いた皆様とまたお会いできるのを楽しみにしていますし、札幌市内から北海道内の当事者の方にも是非ご参加頂きたいと思います!

地道な定期開催を続けていくことで当交流会の存在を知ってもらい、北海道、札幌の当事者界隈を盛り上げたいです。





ここからは主催者目線の感想(チラ裏)になってきますが、

当事者交流会を企画する前は東京会場、大阪会場、名古屋会場の大都市圏では初回の開催でもそれなりに参加者が集まるのではと思っていましたが、札幌(北海道)会場でも主催者を除いて6名も集まったのは初回としては良い手応えを感じております。

天涯孤独な当事者同士が集って意見共有、情報交換、リアルな経験や思いなどを話し合って共有をすることで未来に活きる力を回復させる前向きな交流会にしたいと思っていましたが、当事者であり主催者の私でさえも「どのような交流会になるのだろう?どんな参加者が来るのだろう?」と本日の初めてである開催が楽しみと期待でなりませんでした。

当会としては初めての天狐当事者が集うリアルな交流会でしたが無事に開催が成立出来て、これは自分にとっても大きすぎる一歩だったと様々な手応えを感じております。

そして今後の定期的な交流会開催に向けてもどのような要素が必要になってくるか?という今後に活かせる具体的な課題を今回の交流会で得ることが出来たのも主催者として大き過ぎる収穫でした。

昨年の11月から当事者交流の実現に向けて準備を始め、今日こうやって当事者交流会が実現出来たことに感慨深く能動的な達成感を得られました。これは自分にとってもまた一つプラスの自信と経験になり思い出にもなりました。

これからも苦労と楽しさを使い分けて、努力と工夫とガッツでまた頑張りたいと改めて思わせてくれた特別な1日でした^^
2024年01月28日 22:38

モバイルサイト

「天狐コミュニティCLUB」天涯孤独が集まるコミュニティ交流会を開催中!スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら